お店やサービスをみつけるポータルサイト

日本電波塔

> 日本電波塔

日本電波塔

開業50周年。ありがとう半世紀。これからの50年もよろしくお願いします。

【東京タワーは観光地?】
東京タワーが東京のシンボル、観光名所として知られているのは周知の事実だと思います。
しかし本来の役割は総合電波塔をはじめ公共的な性格のものです。
333mという高さは設計当時、関東エリア半径100km圏の電波をカバーし、耐風、耐火、耐震などの安全面を検討して決められました。
【こんなアンテナもついています】
現在は関東エリアの各種放送電波はもとより、大規模地震を想定し、東京圏(東京駅を中心とした100km圏内)を運行する列車の防護のために、緊急停止信号を発射するJR東日本の防護無線用アンテナ(災害用非常通報装置)が設置されています。
【電波塔以外の利用方法】
高さを生かして、大気汚染等の調査のため東京環境局の風向風速計、温度計、硫黄酸化物測定器などが高度別に取り付けられています。
東京タワーの本来の役割は普段余り人に知られていません。
四六時中休むことなく機能し日常生活の広範囲にわたる要として静かに確実に仕事をしています。

会社情報

会社名 日本電波塔
所在地 東京都港区芝公園4‐2‐8
設立 1957年(創業:1958年)
資本金 10億円以上
代表者 前田 伸
従業員数 100-299人
専門分野 ショッピングとサービス > 観光・旅行・宿泊・地域振興 > 観光名所
ホームページ http://www.tokyotower.co.jp/333/ 
関連会社 蠹豕タワースタジオ
蠹豕タワーパーキングセンター 
主な取引先 日本放送協会、フジテレビジョン、テレビ朝日、TBSテレビ、日本テレビ放送網、テレビ東京、放送大学学園、日経ラジオ社、エフエム東京、J-wave、はとバス 

拡大地図を表示